親戚が下剤より良いと感じたアメリカ産の乳酸菌サプリ

お通じの調子が悪くなった場合、薬剤を用いて解決を試みる方法があります。薬剤にも色々な種類が見られますが、その1つは下剤ですね。
ちなみに内科の病院に行って便秘に関する相談をしますと、下剤を処方してもらう事は可能です。ただクセになるのも良くないとは忠告しているようです。実際私に対して、そのようなアドバイスがなされた事がありました。

下剤よりも効果的だったマルチプロバイオティックという乳酸菌サプリ

というのも数ヶ月くらい前に、私はお腹の調子が悪くなってしまったのですね。原因はインフルエンザでした。

よく言われる話ですが、風邪は万病の元です。風邪をきっかけに、他の症状が悪化するケースもしばしば見られるのですね。私の場合は、便秘だったのです。
元々私はお腹の調子が余り良い方ではなかったのですが、インフルエンザによってそれがさらに悪化してしまった形になります。それで私は内科の病院に行ってみた訳ですが、そこではひとまず胃腸に対する薬が処方されました。

ちなみに下剤は処方されませんでした。なぜならその内科医としては、余り下剤に対して良いイメージを描いていないようなのですね。

というのも下剤で便秘の改善を試みようとすると、中毒性が懸念されるようなのです。その内科医の院長は、今まで多くの方を診察してきています。中には下剤の処方を希望する方も見られたのですが、服用している方々の中には、それが手放せなくなっている事例も見られるようですね。ですので院長としては、あまりおすすめしていなかったのです。
考えてみれば下剤は、ちょっと副作用が心配ですね。下剤を常用してしまえば、かえってお腹の調子が悪くなってしまいかねません。

私はそれよりも、マルチプロバイオティックというサプリの方が良いと思うのです。マルチプロバイオティックは、アメリカで開発された乳酸菌サプリの1つですね。
現に私の友人の1人も、以前に下剤がクセになっていた事があります。ただお腹に対するダメージが大きいように感じたので、下剤を服用するのは中断したようですね。その変わり、マルチプロバイオティックというサプリに乗り換えました。それで下剤に比べると、お腹が随分と改善されていたようです。もちろん胃腸に対する負担も、ほとんど見られなかったようですね。

恐らくその理由は、マルチプロバイオティックの中に配合されているアシドフィルス菌でしょう。あれは人間に対してマイルドな菌類ですし、お通じ改善の効果も大きいからです。またそのサプリの中に含まれている別の菌類も、恐らく働きかけてくれていたのでしょう。
それを考慮すれば、やはり下剤でお通じを改善するよりは、むしろマルチプロバイオティックというサプリの方がベターだと考えます。

乳酸菌サプリに関する成分比較などは下記サイトがとても参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です